スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯の大技 

北海道は年明けとともにバーゲンの季節。
今年のお買いものは、デパートやファッションビルではなく
リサイクルショップをぐーるぐる。
けっこういいもの見つかっちゃいました。




深いブルーが美しい、イタリア製本革バッグ。
使用感はあまりなく、黒ずみがちな持ち手もキレイ。
唯一の欠点は、中古品にありがちなタバコ臭が感あったこと。

バッグの消臭法はいろいろあるようですが、
タバコ臭はかなり厄介で、なかなか効果が得られぬもよう。

そこでワタシが選択したのは「まる洗い」。

オシャレ着洗いを入れたぬるま湯に、ザブンとバッグを大胆投入。
おし洗いとなで洗いをした後に、酢水ですすぎました。
なんでもタバコの臭いはアルカリ性なので、酸性のもので中和
すると良いという情報を得たので。(本当かどうかは不明です)
3日ほど、室内干しして完成。

結果、臭いはバッチリ消えました。
型崩れも変色も特に感じられません(写真参)。
実は過去にも何度か、革バッグの丸洗いをした経験があります。
内布の汚れや革のシミなどはかなり落とすことができます。
スエードや、買ったばかりの高価なものを洗うのはおすすめしませんが
お気に入りのバッグをキレイに使い続けるには、なかなか有効と思います。

あくまでも自己責任でね^^
スポンサーサイト

ペチスカート 

今回はリメイクです。
5年ほど前に作ったワンピースですが
出番がなくなったので、ほどきました。


最近はシーズンレスの服が多くなりましたが、
素材としてはOKでも、北海道の気候を考えると
春秋ものをそのまま冬に着ようとするのは難しいことがあります。
そんな時に役立つのはペチスカート
ワンピースの下なんかに重ねられるよう、リメイクしました。


IMGP2590.jpg
あんまり変わってないように見えますが、
ほとんど作りかえたようなものです。
ふんわりしたギャザースカートだったので
両端を切り落とし、フロントにはタックを入れ、大きくボリュームダウン。
裾には、ペチスカートに欠かせないレースを縫い付けました。

先日のフリルスカートでは布目を間違えるという失敗を犯しましたが
今回は、裾のレースが5センチほど足りないという事態に。
ちゃんと計ったつもりだったんですけどね。
丁度サイドのところだったので、余っていたレースをつけて誤魔化しました。
まあ、アンダースカートなので、誰もそんなところまで見ないでしょう^^;

この冬、活躍させるぞ!

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。