スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャム作り 

先日ちらっとご紹介した
庭のブドウを収穫してみたら、こんなにたくさんとれました。

ザルではまったく追いつかず、物干し用カゴを使用。

粒自体も意外に甘いのですが、
種の周りがすっぱいのと、種を出すのが面倒で
どうしても生食は敬遠しがち。
そこで・・・ここはやっぱりジャムにしようと一大決心。


房から実をはずした様子。
ちょっとでも指でつっつくと、ゴロゴロゴロ!と今にも転がってきそう。
これらの皮を「トマトの湯むき」の要領でとり、更に種を除きます。


皮と種を除き、果汁と果肉だけにした状態。その量、1.7キロ。
7時過ぎから始めて、終わったのは次の日ギリギリ。
途中1時間ほど抜けましたが、ほぼ半日がかりの作業です。
果実は甘いが、作業は決して甘くない^^;


翌日、煮込みました。
果肉だけをとったら丁度1キロ。砂糖は目安として果肉の半分。
固まり具合を強くするためにレモン汁を1個分。
最初は圧力鍋を使用し、あとで移し変えて汁気をとばすべく、
煮込んでいきます。


ビン詰めにした後、更に圧力鍋へ。
圧力鍋を使って殺菌するとビンの煮沸がいらないということで、
楽チンでした。

あんな鮮やかなグリーン色のぶどうでも
出来上がりはイチゴジャムのような色なのですね。
手作りだけあって、香り・酸味共にとてもブドウらしさが生きています。
ただ、規定の分量ではちょっと砂糖が多かったような気が。
そのままパクパク食べられるジャムが理想でしたが、
そうするにはちょっと甘すぎてしまいました。
砂糖は様子をみながら加えるべきという教訓を次回に生かしたいと思います。

左のビンは果汁。
まんま果汁120%。
砂糖のいらない甘さですが、かなり酸味も強く、
そのさっぱり感は毛穴が開く感じで、すっかりヤミツキに。

時間と手はかかりましたが、
はじめての割りにはなかなかの出来。
なによりも、【地産地消】の満足感でいっぱいでした。

ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。
スポンサーサイト

レストラン パストラル 

週末は友人が遊びにきていましたので
以前から気になっていたお店へ。


【レストラン パストラル】
非常に静かな住宅地のはずれにあります。


ランチは3種類。
今回は一番お手ごろなパスタランチに。
まずは前菜。サラダかスープを選択できます。
私は野菜と海鮮のサラダ仕立てをチョイス。
非常にあまいフルーツトマトと、バルサミコのかすかな酸味が利いた一皿。


自店で焼いているという、岩見沢産小麦「キタノカオリ」のパン。
美味しさに感激です。
コースやセットものをオーダーした時
完全に引き立て役のこういったものが非常に美味しいと
レストランのレベルの高さを感じ、メインへの期待感が高まってきます。


メインは、さらっと軽いトマトソースベースのチキンパスタ。
ごろごろと入っている茹で落花生に驚きです。
もちろんおつまみのバターピーナツとは違い、やわらかくてあっさり。
パスタ<チキン<オリーブ<落花生<いんげん という風に
それぞれの素材の歯ごたえがさりげなく、
それでいて段階的に楽しめます。


デザートは「牛乳となしのソルベ」。
シフォンケーキとの盛り合わせだったのですが
シフォンケーキにあまり興味のない私と友人、
ソルベだけにしてほしいとついワガママを言ってしまいましたが
快く応じていただけました。

なしソルベの爽やかさとミルクソルベのまろやかさ(あくまでもサラッとしています)が
食事後の口の中をスッキリさせてくれます。
右にのっているわさび色のものは甘酸っぱいルバーブジャム。
私はヨーロッパで知りましたが(これを煮てカスタードクリームと食べるのが王道です)
最近はジャムの材料として、日本でも生産が増えてきている作物ですね。

お会計の際には、シェフ自らにもご挨拶をしていただき、
パンの美味しさに感激したことを熱く(?)伝えてきました。
落ち着きのある優しそうな方です。シェフのたたずまいが
一皿一皿の丁寧さに反映されているような気がしました。
ディナーもかなり期待できそう。
交通手段を考える必要がありますが
次回はぜひ、ワインも一緒に楽しみたいです。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

秋まっさかり 


夏に花をつけていた、庭のバラ。
秋にも花をつけています。
バラは意外に寒さに強く、11月頃まで花をつけたりするものもあります。
このバラは、いつまで咲き続けるのかな。


庭のブドウが豊作です。
特に手入れをしていたわけではないのですが、なかなか甘い出来。
遊びに来た友達が気に入って、ほうばる姿にまんざらでもないワタクシ。

このブドウは種アリです。
種の周囲はすっぱいし、いちいち出すのが面倒なので
ついつい食べるのをしぶってしまいます。
生のブドウを使ってつくるおいしいお菓子のレシピを探してみようっと。


クマプーのおもちゃも、秋色です。

ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

カントリーキッチン アン 


カントリーキッチンアンは、厚田の街の片隅にあります。


看板犬のアンちゃん(ハスキー・メス・7さい)
私の足をくんくんしています。
とてもおとなしくてきれいで、フサフサ。


玄関に座って、みなさんをお出迎えです。


揚げ鶏ネギソースを注文。これだけのボリュームで800円!
(気合を入れないと完食できません)
この後味噌汁も出てきましたが、味噌汁に入っている海草が
これまた新鮮。プリプリというよりプチプチとはずむ食感です。
さすが海辺の町。
厚田はお豆腐も評判。街中にはお豆腐を販売する店がいくつか
ありますが、昼前に通ってもいつも完売。


ひと通りお客様にご挨拶したアンちゃん、
お客様がお食事中は、お気に入りの場所でおとなしくしています。
たまに、お客様のひざにアゴをのせてくることも。
かなり大きな犬ですが、本当におとなしいのでたいそう可愛いのです。


「サビシカッタヨー」
食事中、ずっと車の中で鳴いていたクマプー。
アンちゃんはお店のフロアで自由にしているのですが、
あくまでもここはドッグカフェではなく普通のレストランなので
犬の入店は許可していないようです。残念。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

ハチミツながり 

先日購入したいちごを使って、いちごトーストを。


いちごを薄切りにし、(ここでは小さいので2つ割りの手抜き)
タップリの【ハチミツ】と絡めてこんがり焼いたトーストにのせるだけ。
出所は、俳優の寺尾聰さん。
昔、子供につくってやっていたとテレビで話していたのを
真似して作って以来、すっかり定番になりました。


いちごを一粒あげたところ、何度もエサ皿に戻ってきて
もうないのかと確認するクマプー。


友人に、手作り石鹸をゆずってもらいました。
春先に手あれに悩んでいたときにひとついただき、
手にも優しく長く使えるのが気に入って、リピートしたのです。
以前いただいたオリーブオイル石鹸(手前)に加え、
今回は【ハチミツ】配合のマルセイユ石鹸が登場。
洗浄力、泡立ち、溶け崩れにくさ等々ではマルセイユ。
肌への優しさはオリーブ。
石鹸ひとつとっても、原料となる油で、それぞれ効果が違うのですね。


お薦めのマルセイユ石鹸を早速使用してみることに。
ハチミツは吸水性、浸透性が高く、保湿力にも優れており、
みるみる肌にしみこみ、かつ潤い効果が続くそう。
そういえば、同じくハチミツ配合の石鹸で
ワタシが日頃から愛用しているものがありましたっけ。


蜂乳(ほうにゅう)クリーム石鹸。
わかりにくいですが、うっすら【ハチミツ】色をしています。
洗顔用として、もう何年も前からずっとこれです。
少量で泡立ちよく、洗った後もつっぱりません。
洗浄力もしっかりしていて、京都の舞妓さんは、
これで化粧を落としている人がいるという話も。
手のひらにおさまる小さな容器で1本300円弱くらいですが、
あまり見かけないため
ドラッグストアに頼んでまとめて仕入れてもらってます。

これには「特選」という文字のつく姉妹品があります。
紫のボトルが印象的で、特選は比較的どこの店でもよく見かけます。
写真のものより、価格もほんのちょっと高価です。
しかし泡立ちがイマイチで、昔の化粧品のような独特の
香りがするため、好き嫌いが分かれるようです。
ワタシはだんぜん、ただの「蜂乳クリーム石鹸」びいきです。

以上、ハチミツつながりでした。

ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

嬉しい季節はずれ 

冷蔵庫の野菜が冷凍水菜だけになってしまい…
いつものスーパーで仕入れるのもなんなので
ひさしぶりに偵察に。

家から最も近い産直、上志文ふれあいの郷。
車で10分くらいのところです。


本日の戦利品はコチラ。ぜーんぶひとつ100円。
(100円以下じゃないと産直で買う意味がない)


ヒットはやっぱりコレでしょう。いちごです。
早出のハウスいちごはよくあるけど、
路地ものが終わった後も作ってるんですね!
今後どんどん甘くなり、ナント11月20日頃まで出回るそうです。
生食というよりは、ジャムやお菓子用がメインのようですが
結局、ハチミツたっぷりかけてただ食べるのが
一番美味しかったりしまして、そのように食べてしまうことでしょう…。

ちなみに今後、産直で楽しみにしているのは【くるみ】。
100円でネットいっぱいに買うことができるのです。
殻を割って中身を掻き出し、フライパンで入った後は
コンビーフ、生クリーム、黒胡椒と一緒にフードプロセッサに入れ、
スイッチオン。
すっごーく香ばしくて、すっごーくおいしいパテができます。
地産のワインと共にパテをちびちびやる秋が今から楽しみ(^^)/

ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。


もっちーずパイ 

先日富良野に行った際
その味に感激しながら惜しくも紹介し忘れたのはコレです。
(8月25日ソフトクリーマーをご参照ください)

もっちーずパイ。
富良野市内の新谷(しんや)菓子司で販売されています。

割ってみるとこんなカンジ。

外側からパイ皮、もち皮、あんこ、チーズの順。
パイ皮と大福なんて、合うんだろうかと心配になりますが
どうしてなかなか、大福の「ムチッ」パイ皮の「サクッ」
この相反する二つの食感がよいのです。

パイ菓子って、中身に凝るあげく
肝心のパイ皮がパサパサ・・・っていうこともよくありますが
このパイ皮はしっとりで、バターの風味が存分に感じられて。
ワタシにとってはチーズのコクというよりむしろ
パイ皮のコクがこのお菓子の魅力を牽引しているような気がしました。

ちゅうさんがもしも「はなまるカフェ」に出演したら
このお菓子かリスパン(8月8日を参照ください)を
ぜひぜひ紹介したいと思ってます。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

福家カフェ 

不安定といわれていた天気が意外にもちそうなので、
ちょっとお茶しに。

金・土・日限定営業の福家カフェです。


ずいぶん小さな小屋だなあ~と思っていたら…


本当のカフェはとなりでした。
ふつうのお住まいを改装したようです。

    

  
こちらのカフェはけっこう紹介されていて、写真等で何度も店内を見ているのですが
2階は見たことがありませんでした。
昔ながらの部屋がいくつもあるつくりですが、
一室の床を抜いて梁を出し、吹き抜けにした様子でとても広がりが感じられます。
それぞれの個室でお茶をすることができます。
 

二階の窓から見える景色。
薄い黄緑に見えるのは、穂をもたげ始めたイネでしょうか…


紅茶とスコーンをオーダー。
紅茶はティーバッグでしたが、200円ですから・・・。
スコーンといえば、備え付けのクリームをたっぷりつけて食べるのが
とても楽しみなのですが、
こちらのは・・・多分クリームチーズ入り・・・
ワタシはクリームチーズが苦手なのです。ちょっと残念。
なにもつけなくてもスコーンがとても美味しいのが救いでした。


ゆるゆるの雰囲気をコンセプトとしているらしく、
カフェ内の雑誌もナチュラルな生活を基盤としたものが多数。
「クウネル」「天然生活」「暮らしの手帖」等、その筋の雑誌は
バックナンバーも充実。
席がお部屋になっていることもあり、ついつい長居して
読みふけってしまいます。



カフェへ続く道への沿道に、びっしりと生えているミント。
ミントの香りで畑に近づく害虫を遠ざける効果があるのだそうです。
のどかな田園風景の演出にも、一役かっていますね。

福家カフェさんは立派なサイトを持っています。
1枚目の写真の下、青い文字をクリックしてみてください。
1階の雰囲気も素敵ですよ。

ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

精進料理 

NHK BS2で再放送されていた「宿坊」という番組。
8月に2週程、ひっそりと放送されておりました。
その中で、京都は萬福寺の夕食に興味シンシン。
ごはんに汁物、きんぴらごぼう、生揚げ、たくあんの質素なお膳。
そこで。

雰囲気だけ真似してみました。内容は以下の通り。
○ごはん
○生揚げ焼(しょうゆとラー油をたらして)
○大根の味噌含め煮
○切りこんぶと干ししいたけの汁

萬福寺のお膳はたくあんが非常に重要な役割をしているのですが
(最後にたくあんとお茶を使って食器を清めるのです)
雰囲気だけだから割愛しましたが・・・。

精進料理は、とても御飯の味が生きるお膳だと思います。
野菜だけでできているので、それぞれの味が
お互い席をゆずりあって、うまくまとまっています。
普段は食事のクッション役のようなごはんも、もちろん主要メンバーに。
だから、ごはんの甘みとか後味とかがしっかり感じられるのですね。


食後はお番茶でほっこり。
野菜だけだと夕食として満足しないのでは、という不安がありましたが
全くそんなことはありませんでした。
これからも有効な企画として【継続印】をつけさせていただきます。


。おそらくは、今年最後かな。


を頂くときは
クマプーに果肉付き種を、いつもおすそ分けしてました。
来年までこの味、覚えておこうね。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。


ソフトクリーマー⑦ ~浦臼・鶴沼ワイナリー~ 

本日は浦臼へ。

車窓の外に広がるブドウ畑に沿って車を走らせたその先は
鶴沼ワイナリーです。


どこまでも続くブドウ畑。
これが丘陵地帯だったら、さぞかし圧巻なことでしょう。
平地なので敷地の広さが実感できないのがちょっと残念ですね。

空知地方では、ブドウ栽培とそれに準じてワイナリーが増えているような
気がします。
なんでも近年、地球温暖化の影響でブドウ栽培に適する地域が
どんどん北上しているんだとか。


ブドウ畑を駆け抜けるクマプー。
走るとウサギのように早いので、なかなかシャッターを切れません。


鶴沼ワインの直売所です。
農場長自らが試飲の説明をしてくださいました。
900円~18000円まで、さまざまな種類のワインが。
種類がたくさんあるので楽しいです。
ここの畑のオーナー会社は小樽にあるため、
ワインのなかには「おたるワイン」と称されているものもあります。
浦臼で生まれているのに、「おたるワイン」。
なんか不思議な感じですけど…。

農場限定ワインを購入してみました。(赤・白あります)


赤はアルコール度が14%未満と高め。
口に含むと、若干シュワっと感じる程の酸味があります。
若くて鋭い味のワインという印象です。


白はアルコール度10%未満。赤よりは穏やかですが
他の鶴沼白ワインと比べると、辛くさっぱりとした印象です。
我が家は相当な辛口好きなので、美味しくいただきました。

いずれも1本900円と、ワイナリーにしてはお買い得です。
農場限定ならではですね。

ちなみに「リースリング」というブドウの白ワイン
香りと辛さと口に含んだときの余韻が明らかに他のワインと違い、
とても気に入ったのですが
上記ワインが3本買えそうな値段。
普通の夕食で空けるにはちょっともったいなく…お見送りしました。

えー、それでは最後に恒例の…

道の駅うらうすの「豆乳入りソフト」。(270円)
なるほど確かに、豆の味がします。
豆乳というより、きな粉か何かが混ぜられているような
香ばしい後味、とでも言いましょうか。
最近は豆腐を作っている直売、増えていますね。

個人的好みですが、バニラソフトはやはり
純粋なミルクの味がするのがいいかな、と思います。



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。



skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。