スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当選しました! 

今月にはいって懸賞当選が2度も。


地元、JAいわみざわのクロスワードクイズで当たりました。
ちょっと変わったお手製プレゼントのような包装の訳は、
賞品が郵送ではなく、JAに直接引き取りに行く方式だったからです。
地元っぽいですね。


中には【クマプー珈琲】の名にふさわしい賞品が。
3種類のコーヒーとビスケットのセットです。
コーヒーは岩見沢志文町にある
大きなログハウスが印象深いカフェ&レストラン「プロローグ」の焙煎。
ここのコーヒーは地元の催事などでもよく見かけます。
さすが農協、賞品も地産地消!と思いながら見た
一方のビスケットは、静岡県で製造されていました。^^;)
なにはともあれ凍えるこれからの季節、
あたたかいコーヒータイムのお供にします。


ところで1発目の当選は何だったのかというと、これまたちょっと変わっていて
とあるラジオ番組が主催した料理コンテストの審査員権利だったのです。
「もち米料理」をテーマにリスナーからレシピを募り、
その中から選ばれた10点をホテルの料理長が自ら調理し、
それをパーソナリティーと審査員が試食し、大賞を決めるというもの。
札幌市内のホテルで2時間ほどかけて行われました。

当日は審査対象料理10点のほか、料理長オリジナル料理2点も加わり
計13種類もの「もち米料理」をひたすらモグモグと平らげることに。
たかがひとくちと言えども相手は米料理、そんなにお腹に入るのか?と
少々心配しておりましたが、結果は「完食」。
とても貴重な経験をさせていただきました。(^^)/


懸賞ではないけれど、【クマプー珈琲】オーナーにもプレゼントが。

お手製水のみ台です。
サークル撤去の為、水のみ器を取り付ける場所がなくなったので
トカゲッティが日曜大工で作成。


「喉もうるおったことだし、寝よ。」

寝てばっかりいないで仕事してください。
オーナーなんだから・・・。



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。
スポンサーサイト

秋スイーツ2選 

トカゲッティ出張土産、銀座千疋屋の杏仁豆腐(各525円)。
羽田空港限定品のもよう。
出張先は茨城県で、欲しいものが思いつかなかったので
急遽羽田空港お土産サイトを探索し、リクエストしました。


左がマンゴー、右がぶどうです。
メロンもあるようですが、季節的に違うのか置いていなかったとのこと。


なぜ、ソースは沈まないのか?
実はソースの層と杏仁豆腐の層が別になっており、
食べる時に都度かけるようになっているのです。


マンゴーソースは、マンゴーの果肉のほか、
パイナップル、ナタデココ、梨のような食感のフルーツ
(表示にはパッションフルーツとあったので、これがそうでしょうか)がたっぷり。
写真では見えにくいですが、果物が星型に抜かれています。


ブドウのソース。ブドウの果肉が粒のまんまゴロゴロと。
ソースというより、ジュースをかけているような感覚でさっぱりと食べられます。
フルーツの果肉、果汁感とも満足のいくソースは、高級果物の老舗、千疋屋ならでは。
もちろん杏仁豆腐も甘み、サラリ爽やかでとってもおいしい。


何度か紹介している六花亭のお菓子ですが
この時期になると必ず食べるのが、栗のお菓子です。
これも定番、「新栗シャンテリー」(190円)。


甘さのない生クリーム、栗のペースト、その上にまた生クリームのシンプルなデザート。
カステラなんかは入っていません。
くどそう?と思われがちですが、生クリームに甘さがないので大丈夫。
栗独特の香ばしい風味とほのかな甘さだけで美味しくいただけます。

実はこの時期、本命はこれではなく、「栗きんとん」だったのですが
物価上昇のあおりを受け、値上がり。(4個入り500円→600円)
ワンコインで手軽に買えて、かつ美味しいところがお気に入りだったのに・・・と
今シーズンは大人気なくボイコットしています。
でも、北海道という土地で本格的な栗きんとんが食べられることを考えると
値上がりした今でも十分な価値はあると思います。
(栗好きの私。それまでは、何度お高いおとり寄せを試そうと考えたことか・・・。)
興味のある方はぜひお試しを。

【追伸】
以前お知らせした画像不具合が修復され、現在は閲覧可能になりました。

ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

太っ腹! 

早朝に立ち寄ったセブンイレブンでみつけたのがコレ。



一口サイズのカップケーキなのですが、
なんと、「試食品」としてふるまわれていました。
朝早い時間だったこともあって、レジ前の「ご自由におとりください」
コーナーの前には大量のカップケーキが。
これ、クリスマスケーキの予約を促すための試食品だったようです。

チョコレートのほうは、下のほうにいちごクリームが隠されていて、
その味はまさにあの「アポロチョコレート」★★★
シロップかリキュールか、その類が染みてしっとりしたチョコスポンジとの
相性がバッチリでした。

白いほうは「かまくら」とかいう名前で、スポンジケーキの中に
たまごのまろやかな風味が広がるカスタードクリームが包まれていました。
最近、シュークリームでも生クリームとカスタードクリームが一度に入っているのを
見かけますが、あれはどちらのクリームもいっしょくたに入っているのが
乱雑なカンジがしてあまり好きではないのです。
しかし、こちらはスポンジが二種類のクリームの距離を程よく保っており、
上品な味わいでした。

クリスマスケーキはここぞとばかりに、食べてみたかった有名店のケーキ
なんかをはりきって頼んでしまうのですが、今はどのお店もケーキのレベルが
高いので、はっきり言ってあとは好みの味かどうかになってしまいます。
一方コンビニのクリスマスケーキは、食べたこともないのに安っぽい味のイメージが
先行していたのですが、どうしてなかなか、現在は手間をかけているような
印象を受けました。

しかし、コンビニで立派に試食まで出しているとは・・・。
セブンでたびたびパンやコーヒー等の試食に出逢ったことはありますが、
今回はクリスマスケーキですよ、奥さん!
まったくの素人感覚でスイーツには飛びつきましたが、
一方で、「セブン&アイってチカラあるなー」と関心するのでありました。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。(アイコンは生きてますので・・・)

お気に入りイロイロ 

3連休は、泊りがけで美味しいモノを堪能する予定が
体調が悪くてキャンセルに(><;)
我が家の大黒柱、トカゲッティが誕生日を迎えられましたので
せめてものお祝いにと・・・

江別は野幌にある「ガトー・ド・ノポロ」のケーキ。
個人的に、一番好きなケーキ屋さんです。
この店を有名にしたのは、左下にある「ゆり根のモンブラン」。
メレンゲ状のさっくり軽い生地を土台に、ゆり根のペーストと生クリームがこんもり。
ゆり根に全く興味のない私もすっかりヤミツキ。
ゆり根の収穫の関係で、秋冬にしか食べることができません。

ケーキは大好きですが、たくさんは食べられない為、
ケーキバイキングを堪能できない私。
そのくせ生クリームやバターに目がないという複雑な嗜好を持っています。
どんなに美味しいと言われているケーキでも、濃厚すぎるものは
1個食べる前に飽きたりすることもしばしば。
ガトー・ド・ノポロのケーキは、とにかく軽いので、
写真のようにクリームたっぷりでも、後味すっきりなのが魅力です。

さて、お次は・・・


ケーキといえばお茶。お茶といえばこのポット。
魔法瓶で定評のあるメーカー「サーモス」のポットです。
昨年の冬、登山用品を扱う専門店でお買い得品になっていました。


中は立派な茶こし付き。
程よくお茶が煮出されたところで、茶こしを抜いてしまえば
タップリアツアツのお茶がゆっくり楽しめるというわけです。
とかく尻漏れが多く、容量も小さい急須とはサヨウナラ!
和洋折衷のようなシブいデザインも気に入っています。

ついでにこちらも。



左下は「キャトル・セゾン」の木のお皿。
木のぬくもり感十分ですが、表面にはウレタン加工が施されていて
水や油汚れもヘッチャラ。とても実用的です。
春先に店頭でみつけたのですが、迷っているうちに売れてしまい
その後チェックするも、入荷がなくガックリ。
ところがこの秋、ひょっこり現れたのです。
歓喜とともに即購入したのは言うまでもありません(^^)。

右上は、岩見沢は栗沢地区で先日開催されていた「あさひ陶芸市」にて購入。
なんと400円なり!
釉薬の効果なのでしょうか、あたたかい飴色ですが、
光の加減によって底が白や青く光るのも、風情があります。

陶芸市って、フリマ感覚の掘り出しモノがあるのではないかと
期待して行ってしまうのですが、現実は
プロはおろかアマの作品も、なかなかいいお値段・・・。
はじめて陶芸市でイメージ通りの買い物ができました。

俄然注目されている北欧のインテリアデザインですが
気に入ったものに囲まれて、長く厳しい冬を少しでも快適に過ごしたいという
国民の意思が発展させたものだと聞いたことがあります。
少しずつ、お気に入りに出逢う楽しみを糧に
北海道は空知の厳しい冬をのり切るつもりです。



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。(アイコンは生きてますので・・・)

※お知らせ~閲覧不可画像について~ 

【クマプー珈琲】の閲覧、いつもありがとうございます。
記事の中で、一部(いや、大幅に)写真の閲覧ができないページがございますが
ブログ管理会社の一部画像サーバーが障害を起こしているらしく、
その対象のサーバーにまんまと当たったと思われます。

同じような被害に遭われている人のコメントを探してみると、
管理会社からは、「画像が見つかり次第復旧しますのでしばらくお待ちください」
という回答をもらっているそうですが、
最悪画像が復活しない可能性もあるようです。

ワタシは基本的にアップした画像は保存していないので
(だってすごい容量になっちゃうし、整理が大変なんだもん)
もう今後、見られない画像もあるかもしれません…悲しい…

サーバーにトラブルはつきものですが、アップしたファイルを失くされてしまっては
いくら無料とはいえ、気分が悪いですよね・・・。

とりあえず、様子を見守ろうと思いますので
みなさまご了承よろしくお願いいたします。

首元のおしゃれ 

北海道は、すっかり寒くなりました。
コートを着るのは大袈裟だけど、ジャケットひっかけて闊歩するのもちと寒い。
そんなときに重宝するのが、ストールです。
今年はいつになく、街のディスプレイにもストールを使ったスタイリングが
溢れているような気がします。



てな訳で、ストールを作ってみました。
作り方はすごく簡単。
①1メートル程の布を縦に裁断し、長くはぎあわせます。
②布端を始末します。
③お好みで端にフリンジやレース等を飾りつけます。


ここでは、レースを両端につけてみました。
地の素材は綿ですが、裏はガーゼ状になっており、肌触りもよいです。
この季節、街で売られているストールはウール混のものが多いと思いますが
綿でも十分あたたかいですよ。
肌触りさえ確かめれば、どんな素材で作っても構わないのではないでしょうか。


秋のジャケットと合わせて。
重たい色も、一部明るい色が加わるだけで軽く、やさしい感じになります。


ついでにもうひとつ。
綿レースでつくったネックレスです。
大型手芸店に行くと、実にさまざまなレースが売られています。
これにパールビーズを、一定の間隔でつけただけ。
止め具などは特になく、首にぐるぐるまいて使用しますが
綿素材なので、すべり落ちることはほとんどありません。

洋服なんかも作ったりすることはありますが、
かなりの時間と集中力が必要なので、何となくは始められません。
その点、こういった小物作りは作業も単純ですし、
数時間で仕上げられるので、ワタシにとってはとてもよい気分転換なのです。



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

陽だまりが恋しい 

急激に寒くなり
それと同時にネタも尽き気味で、更新遅れております・・・

いつもご覧になってくれているみなさま、申し訳ありません。

そういえば・・・
7/26の記事で、ハガキを100枚購入し、懸賞当選に向けて頑張って
きましたが、17枚目にして初当選が出ました!
(・・・というか、残り83枚なんて、意外にハガキが残っているな)
ただ、商品はここにはありません・・・イベント招待状なので・・・
なかなか面白いイベントですので、後日その様子は紹介できたらと思っています。


今朝のごはんはフレンチトーストに。
砂糖をほとんど入れず、仕上げに先日こしらえたぶどうジャムを。
一匙で、ぶどう感充分です。



クマプーはここんところ、ソファの上のブランケットをひとり占め。
おろしてもおろしても、ソファにあがってきます。
そのくせ、ひとりでは降りられないのが困ったところです。



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。