スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★新年初当選★ 

とある日の午後、突然ペリカン便が。
大騒ぎして回転するクマプーを無理やり押し込め、
玄関を開けると・・・



眼に飛び込んできたのは「田村」の文字。
はて、田村なんていう知り合いいたかしら・・・。



届いたのはサッポロビールの発泡酒「麦とホップ」12缶。
田村正和が宣伝してましたっけ。
数ある発泡酒の中でもビールに近いような気がして
日頃からよく購入していた一品です。
お正月早々にインターネットで応募。

ビールや発泡酒は大好きなのですが、
只今訳あって自粛中・・・。
昨日テレビでやっていた「ジンギスカンのから揚げ」と
一緒にキューッとやると、どんなに美味しいことでしょう・・
あああああ(泣)皮肉なことにお酒が当たるなんて!

でも、当たればなんでも嬉しいもんですよね(^^)


晩酌できない悔しさを埋めるにはコレ。
クリスマスなんかに、子供が飲んでいるシャンメリーです。
酒の肴に合うとは言えませんが、独特の甘さと香りが
お酒恋しさをなぐさめてくれます。
クリスマス時期以外は、見つけるのが難しいのですが
(先日100円ショップで見つけたシャンメリーは、
激的なまずさだったし・・(--;)
これは近所のスーパーで
売り切りワゴンにのっかっていたところを救出した貴重品!

シャンメリーが当たる懸賞ってないかなあ~



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。



スポンサーサイト

まくらカバー 

無性に何かを作りたくなり、出来上がったのがコレ。
ベッドリネン類は、意外とカンタンに手作りできます。
直線縫いオンリーなので・・・

布幅が広かったので、一気に2枚できました。
ペア戦略(?)。

このまくらカバー最大の特徴は、ファスナーとかボタンとかが
一切いらないこと。
折り返しを作ってあるのでまくらがクルンと包まれるのです。

寝相が悪くても、まくらが出てきたりする心配はなし。

カンタンに、制作過程をご紹介しましょう。

まくらの寸法を測り、布をカットします。
今回は切り替えとして一部柄布を使いました。
一枚はもう一枚より15センチほど、長めに切っておきます。
ファスナーいらずの秘密、折り返し部分を作るためです。
縫い代分の余裕も忘れずに。


布をつなぎあわせます。


縫い代は、その都度きちんとアイロンがけをしておきます。
アイロンがけをまめにすることで、仕上がりの美しさが違ってきます。


切り替えをつなぎあわせた布同士をくっつけます。
同じ柄同士を連結するようにしてくださいね。


両方の布端を、裏側に向かって三つ折りし、端ミシンをかけます。


まくらを一度あててみて、ちゃんと入りそうか確かめます。
縫っているうちに寸法が縮むということが意外にありますので。
右側の、長めの布部分が折り返しになります。


布を裏に返し、折り返し部分も一緒にたたんで
上下部分を一気に縫います。


表に返してまくらを入れて、できあがり。
おつかれさまでした。

とても珍しいことに、思い立ってからその日じゅうにできました。
縫ったはずが、一部縫えていなかったり、
つなぎ合わせる部分を取り違えていたり、
必ずどこかで間違える、おっちょこちょいのちゅうさん。
今回も例に漏れず・・・でした。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。


いちご大好き 

本格的ないちごの季節到来。
店頭にも、さまざまないちごのお菓子が並んでいます。


でもやっぱり旬には、生イチゴをたくさん食べたい!
今日こそはフンパツして大きいのを買おう!と思いつつ、
安いばっかりに小粒を買ってしまう小心者ちゅうさん・・・
(ちゅうといえばネズミですから、小心者なのです)


いちごのヘタをとっていると、どこからともなく台所に現れる
クマプー嬢。彼女はいちごが大好物です。


匍匐(ほふく)前進?で台所内部まで進んできました。


おやつをもらう時だけ、自らおすわり。
「ワタシ、お行儀いいでしょう。早くちょうだい。」


こんなに大好きないちごでも、「待て」と言うと頑張って耐えます。
ちなみにしつけが効くのは、家の中だけです。
あんまり意味ないですね。


はぐはぐ・・・ものの5秒くらいで終了。


クマプー母はちょいと手を加え、いちご寒天を作ってみました。

寒天を煮溶かし砂糖を加え、荒熱をとってきざんだイチゴと共に
型に流して冷蔵庫へ。片手間でできるカンタンおやつ。
しかし、寒天って固まるのが早いですね。
荒熱をとるべく放り出してテレビを見ていたら、
あっという間にボールの中で寒天のみ完成(><;)
もう一度火にかけて再度チャレンジしました。。

普段、とろとろプリンや
ちゅるるんゼリーに慣れている舌には
寒天はしっかり固め。
寒天そのものに砂糖を加えず、みつ豆のごとく
シロップなんかと一緒に食べるのが向いているようです。



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

あけましておめでとうございます 

あけまして おめでとうございます。
今年も【クマプー珈琲】をよろしくお願い申し上げます。
(松の内に間に合ってよかったー)


トカゲッティの実家(関西)から送られてきた大きな鯛。
毎年年末に焼、年始に頂くのが習慣なのですって。
そのまま頂くほか、鯛めし、雑煮、ラーメン、うどん等にじゃんじゃん使用。
ほぼ正月前になくなってたりして・・・。


実家への手土産に「市川燻製屋本舗」の燻製を奮発。
岩見沢でこじんまりやっている燻製屋ですが、
近年メキメキ人気が出、デパート催事にひっぱりだこの模様。
新春早々、東京は池袋東武百貨店の物産展に出店だそうです。

今回気に入ったのはたらこ。
ひと腹1000円前後と決して安くはありませんが
燻製の香ばしさが口に広がった後は、
アツアツ御飯といただくのに適した、たらこ本来の
粒の揃った食感、そして程よい塩味がじんわりと。
お酒好きには究極の味です。


水引で遊ぶクマプー。
縁起物をそんな風に扱ってはいけません!


なんと元旦早々、クマプーに初めてのヒート(発情期)が。
あわてて人間用オムツ+ガムテープで応急処置。
大きすぎてムームードレスのようです。


次の日、初売りでちゅうさん父母にパンツを買ってもらいました。
小島よしおを彷彿とさせます・・・。
今年彼は生き残れるか?余計なお世話ですね。


ん、お昼寝中ですが、何か?

因みに、更新中の現在もパンツ姿で寝ております(--;)



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。