スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマート・グルメ 

今日の夕食。(ひとりごはんでしたので)


水菜のアーリオ・オーリオ。

材料:
パスタ・水菜・にんにく・アンチョビ・オリーブオイル・唐辛子・すりごま。

作り方:
たっぷりの塩水でパスタをゆでている間、
水菜とすりごま以外の材料をオリーブオイルでぐつぐつさせて、
茹で汁少々で伸ばす。
茹で上がったパスタを放り込み、火を止めて水菜を加え、
すりごまと共によくなじませて
水菜がぐったりする前に皿に盛る。

材料が少なく、面倒な下ごしらえはなし。
調理器具も汚れないし、手順も単純。
水菜が味的に物足りなくても、
にんにくとすりごまが、うまーくコクを出してくれるのです。
アンチョビは入れたけど、正直存在をそれほど感じなかったので
なくても問題ないのではないかと思いました。
そうだとすれば、オールベジタブルで、こんなにおいしいパスタが
できるとは!!
しかも調理開始から食べ終わりまで、30分程度。
まさに【早い・うまい】のスマート・グルメでございます。
ワインのおつまみなんかにもすごく合いそう。

こんなレパートリーをもっと増やして
おうちでもダイニングバーのような晩酌を楽しみたいと夢見る管理人…
看板は【KUMAPOOH DINNING】といったところでしょうか。


どーせアタイの出番はないし

因みに
この料理、「今日の料理プラス」でやっていました。
講師はラ・ベットラの落合務さんだったので
見た時点で夕食メニュウ即決。
落合さんに信頼をおいているのは、
彼が「日本一予約のとれない店」の店主であるから、という
ミーハーな理由ではなく(無論、店に行ったことはありません)
彼が監修をつとめたレトルトパスタソースを
(S&Bから出ている「予約でいっぱいの店 蟹のトマトソース」といいます)
初めて食べた際に【レトルトでここまでできるか!】というくらい
その美味しさに感激し、それ以来信頼をおいているというわけです。
そのソース、なくなってはいないはずですが
最近あまり見かけないのがちょっと残念。
常設してるスーパーをご存知の方は、ご一報をお願いします!
(アマゾンで通販してるみたいですけど、それはちょっとね)


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。



スポンサーサイト

petit shot 



コレって
ワタシの おやつ かしら・・・


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

地方都市発 

料理・裁縫・生活用品・・・・
家にいる時間が長い生活になると、生活に密着するものに興味が沸きます。
それらに関しての「ちょっとお気に入り」に、ある共通点を見出しました。
それらの拠点は全て【地方都市】発信だということです。
地方在住にとっては、なかなか誇れることだと思いましたので
さらりとご紹介を。

福岡県在住のスタイリスト、内田彩仍さんの本。

図書館からも拝借。

一昨年、本屋でみかけてこの方の本を一冊購入しました。

内田さんの感心なところは、物を大切にするゆえのアイデア。
スタイリストさんてその都度お店から服や小物を借りてきて、
常に新しく、新鮮なコーディネートをするようなイメージですが、
彼女の企画ページは、同じものが何度も登場します。
おそらく自らの私物なのでしょう。
一着のワンピースも、丈をつめたり、リボンをつけたり、刺繍をしたりと
その時の流行や気分にあわせ、何度もリメイクして10年単位で着るそうです。
意外に簡単そうなアレンジも多いし、なによりヤボったくないのが魅力。
いろいろと参考になります。

ただ、最近とみに人気があるようで、
この人自身のライフスタイルが企画になってるみたい・・・
それがちょっとつまんないな、と思うときもありますが、
これからもいろいろなアイデアを見せてほしいなと思ってます。

--------------------------------------------------

愛知県にある食器メーカー、マルミツ陶器のカタログ。
【スタジオエム】というブランド名の食器で有名です。

盛り付けなんかも、参考になるんですよね。

数年前にカタログを請求したら、その後年1~2回のペースで
送られてくるように。
あたたかい色味、シンプルで優しいかたち。
お値段もそれなりにしますが、長く飽きずに使えそうです。
食器は毎日使うものだし、それで食卓が楽しくなるならいいかと
自らを納得させ購入を計画しているところ。
しかし予算のこともあり、なかなか思い切れませんが^^;
雑貨屋さんでも一部置いているところがあります。

----------------------------------------------------

最後に、雑貨屋さんのチョロン。
北海道は札幌市の西11丁目付近にあります。
中心部からちょっとはずれているので、
まだ本店には足を運んだことがないのですが・・・
なんと、プランタン銀座に支店を持っているとか。
地方のショップが東京に支店を持つって、珍しいですよね。
よい意味で飾らない洋服や器などが並んでいます。
料理やクラフト、写真、映画など、小さなイベントも積極的に
やっているみたい。近かったら参加したいのですけど。
ここのウェブサイトはほぼ毎日更新されているので、
それらをチェックして楽しんでいます。
チョロンウェブサイトはこちら→http://www.cholonweb.com/
---------------------------------------------------------

東京での暮らしはテレビや雑誌で見聞きするものが全てあったので、
それはそれで楽しかったけれど、
地方出身の私は、いつか息切れしそうだなと感じていました。
かたや今は生まれ故郷の札幌よりも小さな地域で生活している。
日々の暮らしに不満はありませんが、
将来、もっと活動の枠を広げようとする際には
衰退する一方の環境にさびしさと閉塞感を感じられずにいられません。

ただ、こうやって地方発で全国的に活躍している人や企業をみると、
情報伝達がかなりのレベルに達した今はひとえに
活動に対しての発想の問題なのかなとも思います。
仮にこの街で、「クマプー珈琲」を店舗として開いても、集客は難しいでしょう。
それならばせめてウェブ上の「クマプー珈琲」で、面白いことを何か考えよう・・・

気ままに更新しながらも実は
そんなことをなんとなく思っているものです。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。


冬には白を 

先日のネタで、食べたいのに食べられない苦しさをつい
ボヤいてしまいましたが、
食欲を抑えるには、別のことに集中するのが一番ですね。

結果、またまた新しい作品が完成。

ペチコートならぬ、ペチパンツ。
スカートやワンピースなどに重ねて着るものです。
使用しなくなったベットカバーをほどいて作りました。
ふっくらした刺繍が施された、とっても優しい肌ざわりの綿です。

スカートやワンピースの丈がちょっと短いと感じたり、
素材がしなやかすぎて、着用時の体型が気になったりしたときに
ペチコートやペチパンツって便利です。
ほんのちょっと見えるだけですから、
これくらい甘い雰囲気が、かえってかわいいと思います。

色は白。
冬になると、白い姿の人々がめっきり少なくなり、
黒い姿の人々が増えるのはなぜでしょう。
白は汚れるから?
いえいえ、汗をかきやすい夏には白が溢れていますもの。
白は寒そうだから?
だからと言って、黒やグレーが温かそうと言えるでしょうか?
そんな思いもあって、最近は冬にも積極的に白を取り入れております。


ハードな雰囲気や、

重苦しい色目のアイテムも軽く、やさしくなりますよね。

まだまだ作りたいものはいっぱいありますが、
着る機会もそれなりにないと、ねえ・・・(^^;
と思いながら、しばらくは
あれやこれやと組み合わせて楽しむだけの日々が続きそうです。



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

キビシイ 

手作り弁当が流行ってますよね。
「弁当男子」っていう言葉もあるくらいだし。
お弁当は基本、毎日作ります。
前はすごく苦痛でしたが、今では要領を得たのか
慣れました。


今日のおかずは、
ミートボール、
マッシュルーム・ベーコン・チーズのオムレツ、
がんもと白菜の煮物。
たいていは出来合い1、夕食から取り分け1、手作り1くらいの割合でしょうか。

いつもはトカゲッティの分だけですが
自分用にも作りました。
別に弁当自慢ではなく
食べ物に気をつけなくてはならなくなり・・・
ひとりのお昼だと、ついつい今の時期は、
ラーメンだとか、肉まんだとかで済ませてしまいがちですから。

幸運なことに
今までダイエットとか、食事制限なんかとは縁がありませんでした。
コレステロール値が高かったことはありましたが、
毎朝黒酢を飲んで、3ヶ月で解消。
これまで好きなときに好きなものを食べて来ました。
ですので、食べたいのに食べられない辛さはひとしお。
バレンタインデーが来るので、便乗してチョコを堪能しようと思っていたのに…


こうやって、いろいろな状況に置かれる人の気持ちがわかっていくのですね。

しかし、キビシイなあー。


マペットのような顔でごろごろするクマプー。
いつも何を考えてるのでしょうか。
数年前、名前は忘れましたが
リーバイスのキャラクターで、
こんな顔をした真っ黄色のキャラがいたのを思い出します。




ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

季節と食 

暦の上では、春ですね。
私の住んでいる地域は豪雪地帯といわれていますが
今年はそうでもありません。

地球温暖化の影響が少々心配ではありますが、
現実、やはりこういった地域で生活している者にとっては
冬の置き土産の程度が軽いにこしたことはありません。


昨日のメインは、のり巻きにしてみました。
節分ということですが、あまり豆に興味はないし、
かといって恵方巻を1本たいらげるのも飽きそうだったので。
芯にはひき肉を甘辛く煮たものとほうれん草のナムルを入れました。

季節にまつわるイベントって、食にもそれが反映されていることが多いですよね。
どこまでも忠実になるほどではありませんが
形を取り入れてみるだけでも、食生活に広がりが出るような気がします。

次はお雛祭り。
と、すると、またまたすし飯の登場となりそうです^^;


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

つないでつないで 

一見、女児のワンピースのようですが、着るのは大人です。
チュニックとして作りました。

型紙は本の付録になっている既製品を使うことが多いです。
自分で製図するのは気が遠くなるし、
手芸屋さんのパターンは時代に追いついていないものが多く。
最近はおうち生活雑誌ブームのせいか、
ハンドメイドを特集したムックなんかもなかなかいいのが揃っています(^^)

しかし、本に忠実に作ることは滅多にありません。
今回も襟と切り替え部分にフリルを付け足し、
丈は余り布を使って更に10センチ程長くしました。

ワゴンセールで見つけた1.5メートル限定の布を
余すことなく剥ぎまくり。

ところでこの柄。
まあ、いわゆるチェック柄なのですが
正式には【ブラックウォッチ】と言います。
ミシン愛好家の中では当たり前のように認識されていますが
なぜそんな名前なのかずっと不思議に思っていました。
カンタンに言うと、「暗いところでは黒く見える」からだそうで、
その昔、イングランドの犯罪者を見張る軍隊がまとっていた柄だそうです。
いわゆる迷彩柄とでもいいましょうか。起源は意外にハードなのですね。


裏側にもギャザーが寄せられ、身頃はかなりの余裕があります。
3段階で切り替えしているので、着てみるとその姿は
まるで歩くウエディングケーキのよう・・・。笑
しかも、型紙はあくまでもブラウスなので、袖周りがちょっときつめでした。
チュニックとして着ようとしても、かぶった時点で「★ブチッ★」という可能性を
孕んでいます。

まだまだ厚着のこの季節は、だましだまし着なくっちゃ(^^;)



ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。