スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろいうさぎとくろいうさぎ 

昨年、○フーオークションに出品して1000ポイントが当たりました。
先日、そのポイントの有効期限が切れますよ、とお知らせがありまして。

通常、買うには贅沢かなと思われる料理の本を購入しようかと
考えていたのですが
ふと思い出して、この本を購入。

         【しろいうさぎとくろいうさぎ】

絵本は通常の本と違い、
何十年にもわたって読み継がれていくところが素敵ですよね。
小さい頃は、絵本をそれなりに持っていたし、
幼稚園なんかでもたくさん読みました。
その頃親しんでいた本を今でも書店で普通にみかけます。

この本も日本で発売されてから40年以上経つものですが
意外にも、この本を知ったのは大人になってから。


絵がとても美しいのです。
繊細なうさぎの毛並みが、見事に表現されています。



原題は「rabbits 'wedding」。
挿絵からもわかるように、うさぎが結婚する話です。
話自体は単純で、ハッピーエンドなのですが
黒いうさぎが思い悩む場面が何度も出てきて
なぜか泣けてきてしまうのです。
黒いうさぎの思いには含みがあり
それは人それぞれが置かれている状況で
さまざまな解釈ができるような気がします。
大人になってからもジンときたのは、そのせいでしょうか。

この本の主人公、白いうさぎと黒いうさぎは、
人種問題を象徴しているのだという話もあります。
発行された年代(1958年)や国(アメリカです)を考えると、なるほどそうかもしれません。

この本は、バブーちゃんにプレゼントします。
子供時代に単純に楽しんだ後、
おとなになっても、この本を読み返して
好きなものに対する自分の気持ちを大切にしてくれたら、と思います。


ブログランキングアイコン←【クマプー珈琲】を応援してくれる方は クリックお願いします。


スポンサーサイト

ゆくミニ君、くるパオ君 

クマプー家の愛車、ミニ君。


昨年から調子が悪く、ぼちぼち機嫌をとりながら乗っていましたが、
この春ワイパーが吹っ飛んだのを筆頭に、
ライトのスイッチは溶け、タイヤのボルトは飛び・・・。
大黒柱トカゲッティ、泣く泣くミニ君を引退させることに。


クマプー店長も最後に記念乗車。

ミニ君は外観だけではなく、内装も素敵なのが魅力です。
音こそうるさかったのですが、乗っているだけで優雅な気分になれました。
ミニ君の助手席は
妻のワタシではなく、ほぼクマプーの指定席でしたが^^;



入れ替わりにやってきたのが、このパオ君。
ミニ君より年上だそうです。
顔もどこかしら似ているような気がします。



パオ君の内装もなかなか可愛い

早速プチドライブに行きました。
パオ君の自慢は、キャンバストップ。
そう、天井が開くのです。
日照時間が昨年の半分という今年の7月。
パオ君の天井をさっそうと開けてドライブできる日が
一日でも多くあってほしいものです。

おつかれさま、ミニ君。
よろしくね、パオ君♪


ブログランキングアイコン←【クマプー珈琲】を応援してくれる方は クリックお願いします。

petit shiot ~6~ 


     「北海道のラベンダー、そろそろ見ごろです。」

いいモノ見つけに 

ちょっと気になっていた展示会に行ってきました。
NIPPON VISION GIFT←展示会のサイトです



大通17丁目にあるD&DEPARTMENT 札幌店。
ご当地で愛されている食品や工芸品を詰め合わせギフトにして
47都道府県ごとに展示するというユニークな企画でした。

その地域では不動の市民権を得ているのに
全国的には全く知られていない逸品ってありますよね。
インターネット等でたまに探してみるのですが
どうも商売の匂いプンプンで、
「本当にこれって、地元の人に愛されているんだろうか」
と首をかしげたくなってしまうことが多く。

かといってテレビで取り上げられたものは
次の日みーんな知っているので
いまいち面白味がなく。

しかし、日頃から取り扱い商品にはこだわりをもち、
ユニークな企画の多いこの店の展示会ならば、
掘り出し物が見つけられるのでは?
と淡い期待を寄せたのでした。

-------------------------------------------------

展示されているそれぞれの品々は、貸し出ししてくれる
ipod touchで情報を確認することができました。

どこにでもあるような何気ない文房具やお菓子が
意外にも、もともとはご当地ものだったりして。
例えば、黄色いパインアメは大阪府、
マーブル模様セルロイドのペンケースは東京都が発祥のようですよ。

かたや、こんなに興味をそそるものなのに、
どうして全国的に有名じゃないのかしら?というものもいくつかありました。
特に印象的だったのは、佐賀県のスワンサイダー。
とっても可愛いラベルで、サイズまでも可愛らしかった。
購入したかったのですが、残念ながら品切れでした。
みんなその商品に対して同じことを思ったんでしょうね。


購入したのは、熊本県の「本場ラーメン」
香川県の「小豆島オリーブサイダー」。
あと写真には載っていませんが秋田県の「稲庭うどん」。
(母親の好物なのでお土産に)

因みに下の「スピードシャープナー」はお店で通常扱っているものです。
この良さについては後日「いいモノ見つけた」ネタで改めてご紹介するつもり。

--------------------------------------------------------

お店併設のカフェ「ピピン」でお昼。

看板ランチメニューの「しっかりごはん」。
メインに副菜が5品(!)、ごはん、味噌汁がついて1050円。
店内のおしゃれな雰囲気&器から受ける印象と、
しっかりとした味の家庭的なごはんに素敵なギャップを感じます。
メニューは週1更新。
晩御飯の献立に悩んだとき、ここのサイトを開いて
メニュウを参考にすることもたびたびです。

pipin←サイトはこちら


帰路の大通公園は、鮮やかな色の花々で
息をのむ美しさでした。



ブログランキングアイコン←【クマプー珈琲】を応援してくれる方は クリックお願いします。

この夏のお気に入り 

ここんところ、北海道も暑さを増してきました。
暑さのせいかなんなのか、バブーちゃんぐずりまくり--;)で
少々バテ気味の管理人。
今日は、そんなワタクシを陰で支える
この夏のお気に入りデザートをご紹介します。


         【グリコ ドロリッチ】
ドロドロでリッチ・・・
名前とCMの感じでは、シェーキを思わせるので敬遠していたのですが
(シェーキは、溶けかかっただらしないアイスクリームみたいで嫌い)
想像とは全く違いました。
シャバシャバで甘めのミルク&ふるふるでほろ苦い
ゼリーの食感は予想外に爽やか!
因みにフルーツゼリーのバージョンもありますが、
こちらの味がすっかりクセになり、いまだ試しておりません。


       【明治ブルガリアヨーグルト りんご】
ヨーグルトは苦手な私目も、これはOK!
パッケージのコメント通り「ゴロゴロ」入っているリンゴの爽やかさよろしく、
1個ではとても満足できません。(かと言って2つは食べませんが)
軽くかきまぜながら凍らせて、フローズンヨーグルトにしても
美味しそう。


       【フジッコ フルーツセラピー アロエ&レモン】
ゼリー系が食べたいときの定番です。
ナタデココとアロエの微妙に違う歯ごたえがいいんですよね。
レモン風味も酸味より、香りが前面に出ています。
甘さスッキリ、後味のベトつきもなし。
姉妹品のピーチ味も、自然な桃の風味が出ていておすすめです。



       【セイコーマート メロンアイスカップ】
北海道発祥のコンビニも、ついにやりましたね。
従来の「なんちゃってメロン味」とは完全に一線を画しています。


なんとメロン果汁7%!
こちらでは主流の赤肉メロンの色・味・香りを見事再現して98円!
観光客のかたにもオススメ。どっかでメロンソフト食べるくらいなら、
セイコマでこれを買ったほうが満足度高し!
アイスなので、お土産になりにくいのが本当に残念ですよ。

普段そんなにおやつをチェックしているわけでもないのに、
こんなにお気に入りと立て続けに出逢えるなんて。
今年はおやつの当たり年、と感じています。




ブログランキングアイコン←【クマプー珈琲】を応援してくれる方は クリックお願いします。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。