スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマプー5歳に 

IMGP1986.jpg
12月22日は、クマプーの誕生日
5歳になりました。
我が家にやって来た当初は毛並みの色が珍しいらしく
散歩をしていると、いろいろな方に声をかけられました。
そのたびに、「まだ1歳前なんです」と答えていたのが
ついこの前のことのようです。

その後、ムチコが生まれ、
いまやそのムチコも3歳。

いろいろありますが、
ふたつの宝物が
元気に年を重ねてくれていること。
そのことが本当にありがたいと
しみじみ思います。
スポンサーサイト

モチーフ編み 


時間をみつけては、少しずつ、モチーフ編みを練習しています。
モチーフは小さいので、短時間でできるところがグッド。
くさり編み、こま編み、長編み、ピコット編み…
かぎ針での基本編みがわかるようになりました。

IMGP1934.jpg
何個か練習し、形が安定してきたので、
うまくいったものを利用して髪留めを製作。
友人のお嬢さんへ、お誕生日プレゼントのおまけとしてつけました。
ですが実際、既成の髪留めと比べるとその差に愕然。
やっぱりあげるべきじゃなかったと後悔。
こんな程度で人様にあげるには、あまりにも傲慢ではなかったのかと…。

ちなみに、更に以前の試作品はムチコに提供。
髪留めではなく、なぜか足首にはめて楽しんでいます。
IMGP1906.jpg
               どうかしら?

しばらく、自己満足作品の数々は
娘に身に着けてもらうのが良いようです。

めったにない 

ことなのですが、
おまけ目当てで買ってしまいました。
IMGP1915.jpg
           ミスドのクリスマスセット

クリームたっぷりのカップケーキが4つとお皿2枚がついて1000円!
スヌーピーとウッドストックの絵柄がなんとも可愛らしい。
皿の大きさは15センチで、子どものおかずをのせるお皿にぴったりかと。

IMGP1919.jpg
          誰よりも早く試食するムチコ

全面クリームで覆い尽くされ、中身が見えません。
これだけ上にクリームがかかっていると、
下のケーキ台はただのスポンジかと思っていたのですが、
中にも、しっかりとクリームが入っていました。


この商品はフツーに店頭で売られているはずなのですが、
商品が人気で在庫確保のため、予約をとっているそう。
予約した日は、運悪く雷&どしゃぶりの大嵐で、
ずぶぬれになりながらも、なんとか持ち帰ってきました。
しかし、なかなかコストパフォーマンスが高かったので、
まあ、いいとしますか!

クリスマスツリー 


昨年新調した我が家のクリスマスツリー。
150センチくらいの大型です。
枝先に埋め込まれている光ファイバーが
いろいろな色に光ります。

この時期は天気が悪いと昼間でも暗く、
気分が沈みがちになりますが、
そんなときはこのツリーをつけて眺めています。

30センチカット 

タイトルは、ヘアスタイルではありません。
コレのこと↓。

IMGP1882.jpg
だいぶ昔に流行ったマキシ丈のコート。
モノはいいのですが、何しろこの長さが時代遅れだわ、
重さはハンパじゃないわで、
10年以上、(いや、もっと)タンスの肥やしでした。
お直しに出すことも考えましたが、
どうせ捨てるか、リサイクルショップで「10円で」買い取られるかのもの。
ダメ元で、自ら直してみようと思い立ち…

IMGP1902.jpg
やった結果がコレ。
意外にうまくいきました。
ダッフルのように、ストンとした形だったのが幸いしたようです。
見頃に切り替えが入っていたりすると、こうはうまくいきませんからね。

IMGP1900.jpg
それでも、30センチ以上カットしたので
一番下のボタンが不要になりました。
考えた末、フード部分に移動させ、反対側にボタンホールをつけました。
これで首元も完全に覆うことが可能になり、
豪雪地帯ならではの天候にも対応できます。

普段のお買い物にクマプーの散歩と、惜しみなく活躍させるつもり。
リメイクって素敵。

食べてビックリ! 

クマプーは食物アレルギーがあることがわかり、
ただいま検査中です。

         掻き出したらとまらない

それまでにあげていたおやつは
かゆみを引き起こすものも多く、
かなり慎重に選ばなければならなくなりました。

そんな中で100%OKなのがターキー(七面鳥)の肉。
欧米では普通に肉が売られていて、ハムなんかの加工品もたくさんありますが
日本ではあまり手に入りません。
(クリスマスの丸鶏もニワトリですしね)
しかし、探し出しました、ターキーのおやつ。

IMGP1909.jpg


ターキーのアキレス腱を乾燥させたものだそう。
ところが、クマプーは匂いをかいだあげく、拒否。
おかしいなあ、鶏系は大好きなはずなのに・・・。
特におかしな匂いがするわけではありません。
なんどあげても拒否するので、
管理人自らが口に入れてみました。

口に洗剤を入れたような味。舌にピリピリきます。
ただの乾燥させた魚や肉は、こんな味はしないはず。
それくらい明らかに、へんな味がしました。
表示を見てみたら、原料こそターキー100%でしたが
二種類の添加物が使用されていました。
「プレピロングリコール、ソルビン酸K」
どちらも薬剤や食品添加物としては普通に使われているものだそうです。


思いつきで、熱湯につけてみました。
もしかして、このヘンな味がお湯に流れてくれるのでは、と思って…
数分間熱湯にひたしたターキーを再びクマプーに差し出すと、
今度は食べてくれました。
やはり、コーティングされていた添加物が原因だったのか?

後から調べてわかりましたが、
お湯につけたり茹でたりするのは
食品添加物を除去する一般的な方法のようです。

しかし…
こんな味でも喜んで喰いつく犬がいるのだろうか?
メーカーは、実際に犬が喜んで食べるかをテストしているのか?
でも、このおやつはまだ良いほうかもしれません。
もっともっといろんな添加物が入っている安いおやつは、
それらを香料なんかでごまかしているはずなのです。
まあ、人間向けの食品も同じような手法でしょうが・・・。


かつて、本当に安全なドッグフードは、人間でも食べられますと言って
実際に開発者が食べてみせるCMがあったのですが、
そのことを思い出し、深く納得してしまう出来事でした。
IMGP1913.jpg
             味にはうるさいの

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。