スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ヤギスカート 

年をまたいでようやく完成したジャンパースカート。



こどもが、昨年クリスマスの劇で子ヤギの役をやることに。
衣装は先生が用意してくれていましたが、
冬に子ヤギのような真っ白なスカートも可愛いかと思い、
作ってみました。

夏に買ってあった型紙と、カフェカーテン用に買ってあった
白のコーデュロイを利用。
ヨーク部分、ポケット、裾とギャザー万歳のスカート。
安いコーデュロイは少々ゴワつき、何度省こうと思ったことか。
でも、それでシルエットが変わってしまっては台無しなので
何とか頑張りました。
この手のタイプは
もっと薄手の生地で作ったほうが美しいでしょう。

さらに…夏用の型紙には大きな落とし穴が。
前後の肩をボタンでとめるデザインになっているのですが、
素肌に着ることを前提としているので、
洋服の上から着ると、肩部分の余裕が全く足りなかったのです。

たまたま生地が白ということもあって、前後の肩に
太くて丈夫なゴムを橋渡しのように縫い付けることで解決。
脱ぎ着も楽になるというおまけもつきました。

IMGP2771.jpg
冬も後半戦というところですが、
北海道ではまだまだ活躍します。
スポンサーサイト

洗濯の大技 

北海道は年明けとともにバーゲンの季節。
今年のお買いものは、デパートやファッションビルではなく
リサイクルショップをぐーるぐる。
けっこういいもの見つかっちゃいました。




深いブルーが美しい、イタリア製本革バッグ。
使用感はあまりなく、黒ずみがちな持ち手もキレイ。
唯一の欠点は、中古品にありがちなタバコ臭が感あったこと。

バッグの消臭法はいろいろあるようですが、
タバコ臭はかなり厄介で、なかなか効果が得られぬもよう。

そこでワタシが選択したのは「まる洗い」。

オシャレ着洗いを入れたぬるま湯に、ザブンとバッグを大胆投入。
おし洗いとなで洗いをした後に、酢水ですすぎました。
なんでもタバコの臭いはアルカリ性なので、酸性のもので中和
すると良いという情報を得たので。(本当かどうかは不明です)
3日ほど、室内干しして完成。

結果、臭いはバッチリ消えました。
型崩れも変色も特に感じられません(写真参)。
実は過去にも何度か、革バッグの丸洗いをした経験があります。
内布の汚れや革のシミなどはかなり落とすことができます。
スエードや、買ったばかりの高価なものを洗うのはおすすめしませんが
お気に入りのバッグをキレイに使い続けるには、なかなか有効と思います。

あくまでも自己責任でね^^

あけましておめでとうございます 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


        おみくじは大吉。


クリスマスに6歳を迎えた看板犬クマプー。
ことしも元気にいきましょう。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。