スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっちーずパイ 

先日富良野に行った際
その味に感激しながら惜しくも紹介し忘れたのはコレです。
(8月25日ソフトクリーマーをご参照ください)

もっちーずパイ。
富良野市内の新谷(しんや)菓子司で販売されています。

割ってみるとこんなカンジ。

外側からパイ皮、もち皮、あんこ、チーズの順。
パイ皮と大福なんて、合うんだろうかと心配になりますが
どうしてなかなか、大福の「ムチッ」パイ皮の「サクッ」
この相反する二つの食感がよいのです。

パイ菓子って、中身に凝るあげく
肝心のパイ皮がパサパサ・・・っていうこともよくありますが
このパイ皮はしっとりで、バターの風味が存分に感じられて。
ワタシにとってはチーズのコクというよりむしろ
パイ皮のコクがこのお菓子の魅力を牽引しているような気がしました。

ちゅうさんがもしも「はなまるカフェ」に出演したら
このお菓子かリスパン(8月8日を参照ください)を
ぜひぜひ紹介したいと思ってます。


ブログランキングアイコン
↑面白かったら、クリックお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

美味しそうなお菓子♪
先日、北海道展で柳月の『ボンヌ』を買い、その美味しさに改めて
感激したところです。私も最近、柳月派よ。
いよいよ食欲の秋本番ですね!

ひっしーさんコメントありがとうございます。

あんこでパイを包んである札幌千秋庵の「ノースマン」
というパイ饅頭も(ご存知ですよねきっと)ワタシの好物ですが
もっちーずパイは、パイのバター感がその上をいく!ってカンジです。
自称「バタ子」のひっしーさん、
次回の北海道訪問で、富良野に行かれた際はぜひ♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkaidokumapooh.blog19.fc2.com/tb.php/36-b848f4a5

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。