スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒータイムの右腕 

このたび、クマプー珈琲にステキな商売道具が。


         【ラッセルホブス カフェケトル】

一見おしゃれなコーヒーポットのようですが、電気ケトルです。
バブーちゃんスタッフ加入のお祝いにと、親しい常連客のみなさんが
プレゼントしてくれました。
マグカップ1杯分なら、30秒くらいでしょうか。
もっと早く買えばよかったというくらい、便利です。

お湯を沸かすとき
ガスは時間がかかるうえ、その場を離れられません。
かといってレンジでチンは嫌でした。
お気に入りのポットからカップにお湯を注ぐ、その雰囲気も
お茶の楽しみだったりするからです。
このケトルはそんな小さなこだわりも満たしてくれたのです(^^)

電気ケトルといえばお馴染みなのが「ティファール」。
実家ではティファールを使っているので、ふたつを比較してみました。
----------------------------------------------------------
デザイン性:ラッセルホブス>ティファール
       
        好みにもよりますが、クマプー珈琲としてはやはり
        雰囲気重視です。

土台安定性:ラッセルホブス<ティファール
        
        ラッセルホブスの台は少々安っぽく
        ポットに水が入っていないとガクガクします…。
        ティファールはその点、底が広めでガッチリ。

安全性:   ラッセルホブス=ティファール
        五分五分ですね。
        
        ラッセルホブスは側面がステンレスなので
        お湯が沸いた状態でうっかり触ると熱いです。
        取っ手とつまみはもちろん問題ありません。
        
        ティファールはオール樹脂なのでその点OKですが
        フタ部分が特別なつくりで、片手で開閉する
        ものなので、使い慣れていない人は蒸気で
        やけどすることがあります。

購入事情:  ラッセルホブス<ティファール
         同じ容量であれば、ティファールが市場に出回っている分
         容易にみつかりますし、価格も安めかと。   
         しかし、ラッセルホブスもネット上ではかなりお買い得。
         気に入ったけど価格面で無理…という程の価格差ではありません。

その他:    お湯が沸くまでの時間や消費電力等は、同じ容量であれば
         そんなに変わらなかった気がします。

※比較項目や内容は、ちゅうさん独自によるものです。
--------------------------------------------------------------

お気に入りのケトルで入れたコーヒーのお供に
こんなお菓子はいかがでしょう


        【カントチーニ アーモンドビスケット】
イタリアのビスケットです。ビスコッティと呼ばれていますね。
大ぶりアーモンドがそのまま入った、かなり固い素朴な味のビスケット。
昔、日本のとある菓子メーカーが販売していた時代がありました。
そのときに食べて以来、独特の食感とあっさりした甘みが気に入っていたのですが
この固さが受け入れられなかったのか、いつの間にか消えていました。

輸入食材の店で発見し、懐かしさあまってお買い上げ。
食感は記憶通りですが、こちらはたまごの風味が口いっぱいに広がり、
ホームメードの味をより彷彿とさせます。

バブーちゃんのスタッフ教育であまり家を空けられない管理人にとって
(クマプー店長は本日、野山に遊びに行ってしまいました)
充実したコーヒータイムは、なくてはならない時間なのです。



ブログランキングアイコン←【クマプー珈琲】を応援してくれる方は クリックお願いします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkaidokumapooh.blog19.fc2.com/tb.php/91-75104353

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。