スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は家呑み 

別の本を買いに本屋にでかけたはずのに、
気がついたら手元にあったのはコチラ。

行正り香「今夜は家呑み」(朝日新聞出版)

我が家において金・土・日は晩酌デーとなっており、
御飯は炊かず、おかずはお酒のつまみになり得るものを作っています。

おつまみ本は本屋さんでも急速に数が増えていて、
新しいものを見かけるたびにチェックしているのですが、
お金を出して購入してみようと思ったのは今のところ、こちらのみ。

○簡単で美味しい。
○調味料をちょっと変えてアレンジがききそう。
○メニューの内容が好み
などといったことはもちろんですが
なにより、家で楽しくラクして呑むためのコラムが決め手でした。

「コンビニワインもちゃんとしたグラスで飲むと、それなりに感じますよ」とか、
「こんな音楽をかけるとバーの雰囲気が出せますよ」とか、
お酒とおつまみ以外にも、周囲のちょっとした雰囲気へ心を配ること。
そのメリットがさりげなく書かれているのです。
単に「飲みながら食べる」という行為を
「呑む」という企画に変化させる感じでしょうか。
こういう【ちょっとひとひねり】ある本は、トクした気分にさせてくれちゃいます。

因みに筆者は一昨年まで広告代理店にいらしたとか。
ハイ、ごもっとも!
安くて簡単、かつ良い雰囲気で呑むことをジブン家で行おうっていうんですから
アイデアとセンスは不可欠ですよね。

因みに、このおつまみ本を購入した決め手に
「メニューの内容が好み」って書きましたが、コレは大事だと思います。

何冊もこの手の本をチェックして気づいたこと。
簡単おつまみって無難な材料でつくるから、誰にでも合う味って
思ってしまいがちなんですが、
おつまみ本ほど筆者の食に対する趣味や嗜好が出てしまう本も珍しい。
気がついたら、ある特定の食材や調味料が多用されているんですよ。
あっちにも、その前にも、え、ここにもコレ使ってんの?みたいな感じで。
それが、自分の苦手なものだと最悪ですもの@@;)



ブログランキングアイコン←【クマプー珈琲】を応援してくれる方は クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkaidokumapooh.blog19.fc2.com/tb.php/93-aeddfcee

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。