スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば・・・ 

もう3月のことですが、当選モノがひとつありました。


水のきれいな羊蹄山のふもと、倶知安町でつくられた「旅家(たや)」のお米。


懸賞というよりは、FM局の番組に投稿していただいたものです。
水と空気のきれいな羊蹄の養分をタップリ吸ったとみえ、
いつにも増した【甘み】を感じました。


ひとつ前の記事で取り上げたアスパラガスといい、今回のお米といい、
自然のおいしさは、つまりのところ「甘み」が作り出しているのでは
ないかと思ってしまいます。


こんな美味しい御飯が手に入ったときは、おかずではなく敢えて
「ごはんのお供」をあわせたい。そこで・・・

          【揚げワカメとツナの和え物】
海のもの同士で、相性ぴったりです。
カットわかめをさっと揚げ(多めの油で炒めてもよし)ツナ缶と和えただけ。
ツナに御飯でも、十分美味しいのですが
カットわかめのサクサク感と塩気がなにより新鮮です。


               【塩トマト】
一見ミネストローネのようですが、立派な御飯のお供です。
トマトをさいの目程度に刻み、少々の塩としょうがのすりおろしでサッと和えます。
しょうがはどちらかというと、食べ物をさわやかにする印象がありますが
ここではあっさりトマトにある種のコクを出す働きをしているように思いました。

空気のおいしい朝、
これらを朝ごはんとして
「蝦夷富士」とも言われる羊蹄山を拝みながら食べてみたい・・・




ブログランキングアイコン←【クマプー珈琲】を応援してくれる方は クリックお願いします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokkaidokumapooh.blog19.fc2.com/tb.php/96-14820597

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 クマプー珈琲 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。